コンテンツへスキップ

引越し後に注意することってありますか?

お引越し後に気が付いた不具合の対応
契約にもよりますが、2週間は保障期間となっていますので、オーナー負担で修理が可能です。必ずわれわれまでご報告下さい。すぐにオーナーへ連絡をして修理をするように伝えます。とくに水周りとエアコンはご注意下さい。

ご入居後に気が付いたしみや傷
写真を取っておいて記録しておくことをオススメします。敷金(デポジット)から差し引かれないようにします。

オーナー宛郵便物が届いた場合
テナントの気持ちとして、保管しておいてオーナーに渡してあげるか、「Moved」と書いて転送してあげてください。

駐車場を利用したい
マネージメントオフィスにて申し込みます。応募用紙と車検証と契約書を提出します。パスポートのコピーやEPなどのコピーを求められることもあります。我々は同行して申込みを一緒にさせて頂きますのでご安心下さい。申込みから3日以内くらいで発行されます。車に張っておいて下さい。カード料金として1枚30ドル程度かかります。

ジムなどの施設を利用したい
マネージメントオフィスにて申し込み、ファシリティーカードを発行してもらいます。ご家族がいらっしゃる方は、その方の分のパスポートコピーなどを求められることがあります。カード料金として1枚20ドル程度かかります。

お支払いの延滞
家賃の支払いが遅れてしまうと、オーナーは警告状を発送してきます(催告)。その後も、再度支払いが遅れますと、貸主は契約を解除することが、契約上認められています。テナントに悪意がなくても、家賃支払い遅れはオーナーの資金計画等に影響を与える為、テナントは延滞が無いようにご注意下さい。

引越しの際のご注意
引越作業の際、使用引越業者が、エレベーターやその他の施設に損害を与えた場合、テナントが一義的責任を負うことになりますので、信頼できる業者を使いましょう。又、引っ越し作業に際しては、極力夜間、日曜・祭日は避け(他人の迷惑・規定で禁止している場合も多い)、通常、管理人に事前に通告し、保証金を支払う義務が在ります。

各種手続き方法が分からない
入居時には、電気(230v/50cicle)・水道・ガス・電話の接続手続きが前もって必要ですが、われわれはこれら手続きを事前に代行させて頂きます。電力・水道・ガスは、開通まで約1週間かかります。さらに開通時にはテナントの立ち会いが必要となりますのでお気をつけ下さい。

火災保険・賠償責任保険への加入
一般的に、建物の火災保険はオーナーが掛けています。しかし、借主に落ち度がある場合、借主に損害賠償責任が発生します。当地では、暖房具を使わず、且つ、木造ではないため、火災は比較的少ないですが、その他の偶発的損害賠償責任をもカバーするため、賠償責任保険を購入を、おススメ致します。

突然の水漏れの時
浴室の天井裏のウォーターヒーターからの水が漏れる場合があります。この場合はすぐに水漏れを放置したままにすると、床や壁の損傷がひどくなりますので、すぐに日中であればわれわれERA日本人スタッフへまた夜中であればセキュリティーガードに連絡することが必要です。そうしないと、すぐ連絡がなかったから損傷がひどくなったとしてテナントさんがその責任を取る必要がある場合もあります。まずは、水の大元栓を占めてからご連絡下さい。