HDBとは?

シンガポール人の85%以上が住んでいると言われている住居のタイプです。政府が建設した公共住宅であり、価格もコンドミニアムに比べて割安です。日本の公団のようなもので、一定の基準を満たせば、外国人でもユニットまたはルームを借りることができます。一昔前まではHDBのデザインも画一的な単純なものでしたが、最近ではデザインが凝ったものが多く建てられ、コンドミニアムのユニットと比べて遜色の無いものもあります。HDBが供給するフラットには、1ルーム~5ルームまでのタイプとエグゼクティブタイプがあります。ポピュラーなのは、3または4ルームです。シンガポールではリビング・ダイニングも1ルームに数えるため、4ルームとは3LDKのことを指します。多くのシンガポーリアンが狭い国土の中で住宅を確保できているのも、持ち家率が非常に高いのも、HDBのおかげといっていいでしょう。

Posted in: よくあるご質問(シンガポール全般)